デジタル補聴器 特徴

デジタル補聴器の特徴や機能

現在、「デジタル補聴器」が補聴器の主流ですよね・・・

 

デジタル補聴器と聞くとアナログ補聴器よりも「聞こえがいい」という認識を持たれると思われますが正確にはそれは間違いです。

 

難聴は正常な人に比べて耳の感度が低い状態のことです。
しかし、その感度の低い状態は音の高さの違いで異なるため、人によってそれぞれ違います。

 

そのため、一人一人に合わせて補聴器を作る必要があります。

 

もちろん、軽度の難聴であれば、補聴器の調整はなくてもあまり困りません。
ただ、深刻な難聴である場合、必要となる場合が多いです。

 

デジタル補聴器のフィッティング

 

難聴の状態に合わせて補聴器を調整することは、アナログ補聴器でも可能です。
しかしデジタル補聴器の場合、より細かな補正が可能となり、また小さく目立たない補聴器を作ることができます。

 

また、デジタル補聴器の設定は何度でも変更することが可能です。
そのため、補聴器を購入した後に聴力や使用環境が変わっても、販売店で調整してもらうことができます。

 

もともと、補聴器に慣れるまでの間は何度か再調整をするのが普通なので、軽い気持ちで販売店の方にお願いしてみてください。

 

デジタル補聴器の機能

 

補聴器は嫌な雑音が感じられることが多いです。
デジタルと聞くと「高性能」という印象を持ってしまいがちですが、デジタル補聴器でもこの雑音を取り除けないものもあります。

 

その理由として、雑音がなぜあのように不快なのかが分かっていないからです。

 

しかし、最近のデジタル補聴器は雑音を消す機能が発達し、環境雑音を大幅にカットすることができるようになりました。
補聴器で拾った音をきめ細かく分析し、音声と雑音を判別します。

 

騒音を抑え、会話を聞き取りやすく強調するので、補聴器でのコミュニケーションが取りやすくなりました。

 

また、補聴器をして電話をするときに聞こえてしまうピーピーという音(ハウリング音)を抑えるものもあります。

 

しかし、「雑音が聞こえないのが逆に怖い」という意見もあり、環境雑音も必要なものであるのです。
また、自然に聞こえる音と補聴器から聞く音は大きな差があるため、デジタル補聴器だから自然に聞こえる、という分けではありません。

 

デジタルにこだわらず、自分にあった補聴器をよく探してみてください。

 

補聴器訪問販売-スマートヒヤリング

 

 

 

 

 

 

糖尿病 食事血糖値を下げる 食品藤城式食事療法藤城式食事法


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術