補聴器 購入

補聴器を購入する場合

補聴器は難聴の人が生活する上で重要なものです。

 

補聴器を購入することにより、家族や友人との会話がスムーズになります。
また、学校の授業や仕事でも、補聴器は大きな役割を果たすでしょう。

 

「聞き返し」が少なくなることにより自信が持てるようになるだけではなく、外出する際の車やバイクの危険も大きく減ります。

 

最近は補聴器の小型化が進み、見た目の面でも目立たなくなってきており、デザインもカラフルなものが増えています。。
防水機能も進歩し、補聴器をつけたままお風呂や温泉に入ったり、スポーツで汗を流したりすることができるようになりました。

 

補聴器を購入するときは、アフターケアもしっかりしてしてくれる、また難聴の人の悩みに親身になってアドバイスしてくれるお店がいいでしょう。

 

「認定補聴器専門店」であれば専門技能や知識を持った技能者・有資格者がいるため、質の高いサービスを受けることができるでしょう。
補聴器の購入を考えている人は、そういったお店に足を運ぶことをおすすめします。

 

補聴器を購入する前に・・・

 

補聴器を購入する前に、耳鼻科の先生に耳の聞こえの状態をチェックしてもらう必要があります。
メガネにレンズの度や種類があるように、補聴器も難聴の程度によってタイプが違います。

 

特に、急な難聴の人や耳垂れ、耳の痛みがある人、また、めまいや頭痛がある人は一度耳鼻科の診断を受けてください。
聞こえの状態をチェックしてもらったら、耳鼻科の先生に補聴器の販売店を紹介してもらうのもいいかもしれません。

 

補聴器専門店では、まず難聴の方の一人ひとりの聞こえの状態や要望を聞き、補聴器が必要性を判断します。

 

そして、たくさんの機種の中から、合ったものを提案してくれます。
「補聴器を購入しておしまい」というわけではなく、操作方法やお手入れの仕方まで丁寧に説明してもらえます。

 

また、オーダーメイドの補聴器は購入後も用途の変化や難聴の進行によって、購入した販売店で補聴器を調整することができます。
補聴器は調整しながら使用していくものなので、気軽に販売店に足を運んでも問題ありません。

 

補聴器は色々な種類があるので、耳鼻科の先生や販売店の店員さんとよく相談しながら、
購入を決めるようにしましょう。

 

耳と同じ働きをする人工耳介を搭載!自然な聴こえの「みみ太郎」

 

 

 

 

 


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術