感音性難聴 原因

感音性難聴とは?

感音性難聴,原因,症状,特徴

「感音性難聴」は耳の音を聞き分ける部分に異常がある難聴のことです。
内耳から聴神経・脳にかけて障害が起きると発生します。

 

感音性難聴が生じるものとしては、いくつか原因が考えられます。

 

もっとも知られているのが、「加齢」による難聴です。
年を取るとともに、人間の耳は自然と聞こえにくくなっていきます。

 

また、工場などの機械音や携帯音楽器など大きな音を聞き続けると聴力が下がり、難聴となってしまいます。
日常的に大きな音を聞く人は注意してください。

 

ストレスで難聴になる場合もあります

あまり知られていませんが、ストレスで難聴になってしまうこともあります。

 

原因はよく分かっていないのですが、突発性難聴と呼ばれる片耳に難聴が起こるものは急激に聴力が低下し、進行すると治療が難しいです。
もし、耳の聞こえに異常を感じたら、すぐに耳鼻科の先生に相談するようにしてください。

 

他にも、病気の合併症で難聴になってしまうものもあります。

 

おたふく風邪の患者がなることがあるとされている「ムンプス難聴」は感音性難聴の代表的なものでもあります。
また、病気が原因ではなく、肺炎などの高熱を下げるために使用されるストマイシンやカナマイシンといった薬によって、難聴が起こることもあります。

 

感音性難聴の特徴

感音性難聴は低音域を聞き取ることはできます。

 

低音域とは人の歩く振動や風邪の音、木の葉のざわめきなどの日常音のことです。
しかし、人との会話など高音域の音を聞き取ることが難しいです。

 

感音性難聴の方によると、会話が生活音などの雑音に埋もれて聞き分けることが難しくなってしまうそうです。

 

また、話す言葉も低音や高音に分かれています。
感音性の人は「さ」で言うと、「sa」の子音である「s」の発音が聞き取りにくいです。

 

そのため、ただ声を大きくして話しても音そのものがぼやけているため、感音性難聴の人は相手が何をしゃべっているのか分からないケースが多いです。
また、難聴の度合いにも個人差があり、これらは聴力検査の数値で表すことが難しい部分であるため、健聴者に「どう聞こえないのか」ということが理解してもらえないことがあります。

 

私の知り合いの人の話ですが、音楽療法を試したら一ヶ月ほどで難聴を克服出来たと聞きました。
興味があったので詳しく聞いてみるとモーツァルトの曲を30分ほどリラックスした体勢で聞くだけの治療方法だよ♪と言われましたよ。
まぁ本当はもっと突っ込んで詳細を聞いたんですが、ある難聴改善のマニュアルを指示通りに実践しただけということでした(・∀・)
特別なストレッチ方法とかもあるようです。

 

>>この方法です。

 

 

モーツァルトの曲は難聴や耳鳴りに効果的だとは噂では聞いたことがありましたが、本当に改善する人にあったのは初めてでしかも知り合いにいたので、話を聞いていてちょっと興奮しちゃいました。
ストレスや副交感神経、高周波音も関係していると言われているので音楽療法はおすすめだと思います。

 

 

 


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術