子供 難聴

子供がかかる難聴の原因は?

子供の難聴で、なかなか気づきにくいのが、片耳にだけ起こる難聴です。

 

両耳が難聴なのであれば、すぐに子供の異変に気づくことができるのですが、片側だけの場合だと意外と聞こえているように見えるため、異変に気づくことができません。

 

そのため、子供の難聴には小学校に入学してから行う身体検査の聴力検査で気づくケースが多いです。

 

子供の難聴の原因は・・・

難聴の原因には様々なものがあります。

 

その中でも、騒音性難聴は子供の耳の聞こえが悪くなる原因として縁が深いです。

 

「騒音」と聞くと環境音を思い浮かべがちですが、最近はイヤホンやヘッドホンで携帯音楽プレーヤーの音楽を聞く機会が増えています。

 

始めは小さい音でも、音に慣れてきたりするとボリュームが大きくなりがちです。
音量や装着時間によっては、子供の耳の聞こえが悪くなってしまうことになりまねません。

 

イヤホンの音が外に漏れるくらいのボリュームでしたら、大きすぎです。
子供に注意を促してください。

 

 

寝不足など不規則な生活習慣によって難聴になることもあります。
また、家庭環境の変化や受験といったストレスから自律神経が異常を来たし、難聴となってしまうケースもあります。

 

ストレス性の難聴には片耳のみに起こるものがあり、発見が遅れてしまうと治療が困難となってしまうものもあります。
子供が聞こえにくそうにしていたら、注意してください。

 

これらの生活習慣から招いてしまう難聴であれば、予防や対策を行うことはできます。
耳に負担をかけないようにしたり、規則正しい生活をしたりするなど心がけてください。

 

そのほかの原因は?

一方、病気が原因で難聴となってしまうものもあります。
代表的なものは、おたふく風邪患者に起こることのある「ムンプス難聴」です。

 

また、肺炎などのときに高熱を下げる薬の副作用で難聴となってしまう、薬物性難聴もあります。

 

難聴は子供から大人まで、誰にでもなりうるものです。
子供の音に対する反応に「おかしいな」と感じた場合、すぐに耳鼻科の先生に相談することをおすすめします。

 

 

 

 

 

あがり症 克服法新田義治 評判あがり症克服法潜在意識 あがり症克服


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術