耳鳴り 難聴

片耳だけの耳鳴りは要注意!

「耳鳴り」は自分の周囲で音がしていなくても、耳の奥の方で音が聞こえるように感じるものです。

 

「キーン」や「ゴー」「ザー」など耳鳴りの音の種類や大きさには個人差があります。
この症状があってもあまり気にする人はいませんが、もし続くようであれば注意してください。

 

耳鳴りは身体の異常を知らせるもののひとつです。

 

難聴は耳鳴りを伴うことが多いとされています。
実際、難聴の患者さんは耳鳴りに悩まされていることが多いです。

 

もし、聞こえの悪さに自覚がなかったとしても、頻繁に耳鳴りを覚えるようでしたら、耳鼻科の先生に相談した方がいいでしょう。

 

特に片耳だけに耳鳴りがしている場合は、「急性難聴」や「メニエール病」である可能性があります。

 

難聴の直接的な原因とは・・・

 

難聴の原因のいくつかは分かっているものがあります。

 

しかし、耳鳴りはまだ原因がはっきりとしていません。
そのため、耳鳴りそのものの明確な治療法はまだ確立されていません。

 

しかし、症状を改善させる治療法の研究は進んでいます。
耳鳴りは血行不良から起こると考えられ、ツボを押すなどをすることで症状が軽くなることがあります。

 

また難聴がストレスによるものである場合、それを取り除くことで耳鳴りが改善されるケースもあります。
原因がストレスである場合は、軽い運動をしたりカウンセリングを受けたりすることも効果的です。

 

耳鳴りと同時にめまいをともなうこともあります。
その場合、内科を受診する方がいらっしゃいますが、内科での治療を受けても改善されない場合もあります。

 

もし、めまいと耳鳴りの2つを覚えているようでしたら難聴である可能性があります。

 

耳鼻科で治療をうけると、症状を改善することができるかもしれません。

 

耳鳴りを感じ始めたら、早い段階で耳鼻科の先生に相談というのも必要かもしれませんね。
早期に難聴を発見することで、治療を有効的に受けることができます。

 

耳鳴りは難聴のシグナルのひとつであることを、少しでも心に留めておくと耳の健康につながるでしょう。

 

耳鳴りやメニエール病を治すには?

 

 

 

 

 

日本食養の会 藤城博藤城博 食事療法


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術