小児難聴 原因

小児難聴の原因は・・・

難聴は生まれつきの障害の中で、最もよく見られるものも一つとされています。
毎年1000人に1〜3人の難聴である子供が生まれます。

 

小児難聴の原因は先天性によるものが大きいですが、聞こえが正常な両親から生まれた子供が難聴であることの方がむしろ多いです。

 

難聴は中耳や内耳の障害です。
そのため、小児難聴の子供は脳に障害があるわけではありません。

 

しかし、言語やコミュニケーション能力が急速に発達する生後2〜3年の間に音が聞こえないと、これらの能力の発達も遅れてしまいます。

 

そのため、出産後にできるのであれば「新生児聴覚スクリーニング検査」を受けることをおすすめします。

 

小児難聴の症状

 

新生児聴覚スクリーニング検査を受けなくても、お子さんの音に対する反応なので、小児難聴を疑うことはできます。
大きな音にびっくりしなかったり、生後6ヶ月のころに聞こえた音の真似をしなかったりする場合は注意が必要かもしれません。

 

また、生後9ヶ月の時点でおしゃべりをしなかったり、3歳で単語をしゃべらない、言葉の代わりにジェスチャーを多く使ったりすることも、小児難聴のサインです。

 

もう少し大きなお子さんであれば、周りの子供よりも言葉数が少なかったり、何度も聞き返したり、テレビの音を大きくしたりすることがあれば、聞こえに異常があることが考えられます。

 

もし、お子さんの聞こえに疑いがあれば、耳鼻科の先生に相談をすることをおすすめします。

 

また、中耳炎にも注意してください。
お風呂やプール、水遊びのときに、耳に水が入らないように気をつけましょう。

 

もし、お子さんの耳に水が入ってしまった場合、仰向けに寝転って1〜2分じっとした後、詰まっている耳の方を下にゆっくりと頭を転がすと水が抜けることが多いです。
それでも水が抜けない場合、乾燥を待つしかありませんが、気になるようでしたら耳鼻科に行きましょう。

 

耳の聞こえはお子さんの言語やコミュニケーションを発達させる上で、とても重要な能力です。
もし、今までお子さんの聴力をあまり気にしたことのなかった方は、少しだけ注意して様子を見てあげてください。

 

小児難聴は早期の発見が重要となります。

 

 

 

 


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術