ストレス難聴

ストレスで難聴になる人が増えています。

難聴

「ストレスで難聴になる」と聞くと怪訝(けげん)に思う方もいるかもしれませんが、
最近ストレス性の難聴が増えているそうです。

 

実際、私の会社の同僚も急に耳が聞こえづらくなって耳鼻科に行ったんですが『原因がよくわからない』と診断されたことがあるそうです。
原因がわからない・・・・ちょっと怖いですが、ストレスが原因で突発的に難聴になる場合があるそうです。

 

突発性難聴はある日突然、片耳が聞こえなくなってしまう病気です。
突発性難聴は1日単位で治癒率が低下していくため、発症してから1〜2週間の間に治療開始しないと回復が困難になっていきます。

 

症状は耳がつまった感じがする程度の軽いものから、まったく聞こえなくなってしまう重度のものまであります。

 

内耳に通っている血管は1本しかありません。
その血管がストレスで急激に収縮して内耳に血液が通わなくなり、感覚神経が麻痺、もしくは壊死して難聴になるのが突発性難聴の原因ではないかと言われています。

 

しかし、はっきりとしたことはまだ分かっていません。

 

また、突発性難聴と並んで急性低音性感音難聴という病気も目立ってきています。
こちらも、ストレスが原因ではないか、と言われています。

 

急性低音性感音難聴とは?

ストレス難聴

急性低音性感音難聴の症状には、

  • 耳に水が入っているような違和感
  • 自分の声が耳に響く
  • 大きな音が頭に響く
  • 聞こえにくい

などがあります。

 

突発性難聴と急性低音性感音難聴は片耳の難聴であるため、一方の耳で音を聞くことができます。
そのため、意外と本人が気づくことができません。

 

また急性低音性感音難聴は比較的な治りやすく、自然に治癒することもあります。
しかし、再発することも多いです。

 

そのため、治癒と再発を繰り返しているうちに治らなくなってしまい、
メニエール病(めまいや吐き気、耳鳴り、難聴が一度に起こる難病)になってしまうこともあります。

 

治療はどちらとも安静にすることと言われています。
軽度の場合であれば内服や点滴、重度の場合は入院が必要となります。
会社勤めをしていれば、入院はちょっと辛いですね、仕事も溜まっていきますし(泣)

 

ストレスを取り除くことで改善されることもあります。

 

その一方で「耳鳴りで眠れない」「コミュニケーションが取れない」と余計にストレスを抱えてしまったり、「もしかしたら耳が聞こえなくなるのではないか」と不安を感じてしまったりなかなかストレスを取り除くことは難しいです。

 

また原因がはっきりしていないため、会社の同僚のように耳鼻科で受診しても「原因不明」と言われてしまうこともあります。

 

原因不明と診断されるのが一番つらいところですが、会社の同僚は自宅でできる難聴トレーニングを毎日数分実践して、見事にストレス難聴を改善することに成功したようですよ♪
もちろん、それ以来再発すること無く元気に会社に通っています^^

 

同僚が実践したトレーニングは『今野式難聴改善エクササイズ』と言って現在までに5万人以上の方の難聴を改善へと導き、9割の方が改善したと証明されています。

 

一体どんなトレーニングなのか・・・その秘密が初公開されています。

 

耳鳴りでお困りなら「美聴泉」

 

 

 

 

 

 

 

口臭消滅プログラム長谷川まりこ大石幸子続木和子 口コミ


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術