急性低音障害型感音難聴

急性低音障害型感音難聴とは?

「急性低音障害型感音難聴」は突然耳が詰まった様な症状になる疾患です。

 

音が聞こえないわけでないのですが、耳が詰まったような閉塞感を感じたり、音が歪んでいるように聞こえたりします。
また、「ゴー」「ザー」といった低い音の耳鳴りが聞こえることもあります。

 

特徴として20〜40代の若い女性に多いことです。

 

女性患者は男性患者よりも2倍ほど多いと言われています。

 

 

原因はなんでしょうか?

この難聴は明確な原因は分かっていませんが、うずまき管から大脳の間の伝達に異常が起こる「感音難聴」とされています。

 

疲労やストレスなどの原因でうずまき管の中のリンパ液のバランスが崩れてしまうと、うずまき管は正常に機能することができなくなります。
このときもっとも影響を受けるところが、低い周波数の音を感じる神経と言われています。

 

そのため、低い音が聞き取りにくくなる急性低音障害型感音難聴が起こるのではないか、と考えられていますが、はっきりとはしていません。

 

また、解明されていないことも多いです。
正確な原因が分かっていないため、推測されている病態を元に、治療が行われています。

 

 

メニエール病との関係は・・・

急性低音障害型感音難聴は「蝸牛型メニエール病」と呼ばれることもあります。

 

しかし、「メニエール病」と違い回転性のめまいを起こすことはありません。

 

また、同じストレスが原因として発症する「突発性難聴」と違い、一度治療して治っても再発してしまうことがあります。

 

また、治癒と再発を繰り返しているうちにメニエール病へと以降することもあります。

 

急性低音障害型感音難聴は、会話など高い音を聞くことはできるのですが、低い周波数が聞こえにくくなります。
その点で加齢による老人性難聴とは反対の症状です。

 

聞こえにくくなったことを「疲れのせいだ」「年のせいだ」と簡単に納得してしまわないで、耳鼻科の先生に相談してみてください。

 

ストレスが身体のさまざまなところに悪影響を及ぼすことは、よく知られています。
音楽を聴いたり、身体を動かしたり、ときには生き抜きをして、リフレッシュをしてみてはいかがでしょうか。

 

また、メニエール病や難聴にははちみつが効果ありとも言われていますよね。
病院に通院・・・
より手頃にメニエール病を和らげてくれる効果に期待して一度飲んでみると良いかもしれませんね。

 

この前新聞広告で見たのが、この『蜂の子カプセル』
蜂の子カプセル

 

ネットで口コミとか評判を調べてみましたが、メニエール病が治った!というはっきりとした感想はなかったですが、なんか調子が良くなった!という感想はたくさんありますね。

 

この蜂の子カプセルは明治42年創業はちみつ屋「蜂衛兵館」で販売されています。

 

>>蜂の子カプセルの詳細はこちら

 

 

 

 

藤城博糖尿病 血糖値

 


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術