補聴器 使い方

補聴器を長持ちさせたいならメンテナンスが大事!

難聴の人にとって欠かせないものである補聴器は精密機械です。
補聴器を正しく使うには、メンテナンスが不可欠です。

 

補聴器の販売店では、購入したお客さんに対してアフターサービスを実施しています。

 

主流である耳穴形補聴器は、耳垢などが補聴器のスピーカーの穴に詰まってしまうと聞こえが悪くなってまいます。

 

補聴器の使用頻度にもよりますが、三ヶ月に一度程度は販売店で掃除などのメンテナンスをしてもらうことをおすすめします。

 

また、二年に一度は分解清掃をお願いするといいでしょう。
販売店によっては耳垢防止チップやスポンジの交換も行なっています。

 

デジタル補聴器は音質を使用者の聞こえに合わせるように調整されています。
難聴の進行や生活環境の変化によって、再調整することも補聴器を使う上で大切です。

 

こちらも販売店で行なってくれるので、もし聞こえが自分に合わないようでしたらお願いしてみましょう。

 

そもそも、補聴器は再調整を何度も行なって使っていくのが一般的であるため、「何度も足を運んで迷惑じゃないかな?」と心配する必要はありません。 
補聴器には「空気電池」という空気中の酸素を使って発電する電池が使われています。

 

貼られているシールを外すことで放電が始まり、補聴器を使わなくても電池を消耗します。
使用していないときは最初に貼ってあった場所にシールを貼っておけば、電池の劣化を抑えることができます。

 

このとき、他の粘着テープを使うことはしないでください。

 

また、補聴器にとって湿気は大敵です。

 

補聴器を仕様しないときは電池を取り外して、ケースにしまいましょう。
このとき、電池を入れたままケースにしまってしまうと、電池を消耗してしまいます。

 

補聴器のお手入れは販売店でメンテナンスをすることをおすすめしますが、自宅でできるものもあります。

 

補聴器のタイプによってお手入れの方法が異なるので、取扱説明書をよく読んで行うようにしてください。

 

正しく使うことで、長く愛用できるといいですね。

 

 

 

 

 

 

新田義治 評判あがり症 克服法新田義治 評判あがり症克服法潜在意識 あがり症克服


TOPページ 今野式難聴改善エクササイズ サトウ式耳鳴り改善術